147

退職を言い出すのは勇気がいる行為ですね。まして私たちの職場は万年マンパワー不足の職場ですから言い出しにくいですね。

師長さんに話して、すんなりと退職を受け入れてくれるかお話するのも緊張しますね。けど、退職するならするで大人の対応というもので行えばすんなりと受け入れてもらえるものです。

ここで大人の対応と退職の切り出し方を一緒に勉強しましょうね。

彼と結婚を前提に付き合っていることをあえてスタッフにアピールする

休憩や夜勤の時のスタッフ間でのおしゃべりや、病棟内のお食事会の時、スタッフ間の女子会などでは必ず会話の何処かで彼氏の話をしています。

スタッフ間ですので遠慮なく話しできているようです。また主任さんとかにはそのような話はしやすいようですのでついつい彼氏との今後の事を相談したりしています。

そうすると主任さんから様々な情報を師長さんへとお話されますので、師長さんも何となくあなたが結婚する事を気にかけてくれるようになります。

退職の意向はいつ報告すべき?

師長さんとの面談の時に現在彼とのお付き合いや、結婚についてをお話しよう

今は、どの病院や施設でも、3ヶ月に一度くらいのペースで、師長さんとの面談(評価面接ともいう)がなされている病院がほとんどです。

だいたい師長さんはあなたが結婚に向けて動いている事はすでに知っているはずです。(他のスタッフのうわさ話や主任さんからの情報で)

お仕事についての評価と共に、今後のキャリア開発とか結婚の意向や退職の希望を聞かれると思います。これは、役職者はある程度、把握しておく必要があるからです。例えば退職の希望と時期を把握して、看護部長に報告して採用人数の調整をしないといけないからです。

この面談の時には、彼氏とは結婚を前提にお付き合いしている事と結婚の時期がだいたい決まっていれば伝えてください。結婚後、仕事を続けるのか、一旦退職するのかという事を明確に伝えましょう。

このように、何ヶ月お前から、結婚退職についてお話しておくと、突然話しして嫌な顔されるより随分気分も良いし、祝福もされて退職する事ができるでしょう。

退職の時期はいつがよい?

看護師普通

結婚により、遠方への転居などがないかぎり、退職の時期は年度末の3月末が時期としてよいと思われます。

大学病院や大きな病院であれば年度末の退職というのが一般的のようですので、結婚後しばらくは3月末まで働いてあげたほうが喜ばれます。

民間病院や個人病院は、夏、冬のボーナスをもらった後の退職者が多いので、その時期での退職とするのか、年度末までがんばって働くか考えてみましょう。実際に、ボーナス後にはマンパワー不足でかなりの忙しさが予想されますが、お世話になった病棟ですので最後にがんばって働いてあげて下さい。

常識的と判断される大人の行動をするなら年度末の退職の方が良いと思います。

大人の対応ってどんな対応?

病院や施設は、厚生労働省の取り決めによって、施設基準が定められています。例えば71であれば看護師は何名必要といったように、あなたも病院の運営に参加している一員である事を十分理解して知っておく必要があります。

あなたが病院に来て働いているだけではなく、組織の一員としての役割があります。決められた看護師の人数を保ちながら運営しないと診療報酬がもらえず、病院の収益や経営にも影響する事態になります。

結婚や退職は、あなたにとっても大切なイベントではありますが、病院の運営や経営はあなたの行動でも左右される事もあります。

ですので先ほどから何度も書いていますが結婚や退職に関わらずわかっているなら早めに報告しましょう。

師長さんは突然、退職したいといわれても、「常識がない」とかって不機嫌になるだけなのでこのような事がないよう、組織の成り立ちを理解してから行動することで、迷惑をかけることもありませんし、あなたの評価もあがります。

退職願いと退職届の違いは?

民法的には2週間前の届出でよいそうですが、これではあまりにも突然で、職場に迷惑です。

一般的には、1ヶ月前に退職の意向を伝えるのだそうですが、私たちは交替勤務ですし引継ぎ等もありますので常識的には3ヶ月以上前に伝えるべきでしょう。この時「退職願い」を共に提出する方がよいでしょう。この退職の意向を示す事は、就労規則に取り決めがなされていますのでよく読んでください。「退職願い」は退職の意向を示すものであり、退職を撤回できるものでもあります。一方退職届けは○月○日付けで、退職しますという書類ですので、意味合いが違ってきます。退職願いが受理され承認されたら、「退職届け」を提出しましょう。

できちゃった婚はできるだけないようにしよう!

結婚するのがわかっていて、できちゃった婚でも驚きますが、結婚する予定もない人ができちゃったので結婚しますと報告されるほど驚く事はありません。勤務の調整やら何やらで師長さんは祝福していいのか、どうかきっと困っていると思いますよ。できればそのような事がないように、自己管理してくださいね。これも大人の対応です。

⇒ 結婚退職後の看護師復帰・再就職はやはり不利?