82

診療所とは、入院施設が全くないか、ベット数が19床以下の医療機関で、クリニック・医院という名称の開業医さんは、診療所の部類となります。こちらでは、入院ベットを有しないクリニック・医院での看護のお仕事について、お伝えしていきます。

診療所・クリニックと、入院施設のある医療機関の違いは?

看護師ニコニコ

診療所クリニックは、地域の人々のかかりつけ医として、町の方々の健康管理と異常の早期発見を行い、検査等が必要と判断した場合は、地域中核病院大学病院に紹介する役割を担う医療機関です。地域では、先代の先生からかかりつけ医といったように地域の信頼を得て運営しておれる開業医さんも多くおられます。

内科外科・整形外科・皮膚科小児科などと医師の専門科で開業されている場合がほとんどです。近年、在宅医療の需要が高まり、訪問診療に力を入れておられたり、介護保険施設の運営や、介護保険サービスの運営をされている所の多くなってきています。設備としては、入院施設のある医療機関と違い、血液検査は外部業者に依頼していたり、医療設備、医療機器は少ない状況で、専門の医療従事者を全て揃えているという所は少ないです。

自分の得意とする分野に転職できますよ。

診療所・クリニックは医師の得意とする専門科で運営されています。例えば、内科という大きな枠の所が多いですが、糖尿病専門、膠原病専門、内視鏡専門などと特殊な診療科で運営されている所もあるため、、そのような特殊な診療科の経験があるとその経験を活かし、スキルを活かすことができます。転職する際は、このように自分の得意とする分野からの選択がしやすい職場であるといえます。

患者さんの社交の場、診療所・クリニックでの看護師の役割は?

毎日のように、クリニックに通ってくる患者さんもおられます。特に高齢の患者さんにとっては、息抜きや、安らぎ、社交の場となっており、看護師との関わりも患者さんの楽しみの一つとなっています。

このように、長年お付き合いする中で、患者さんとのコミュニケーションによって、信頼関係が生まれ、安心していただける事も、クリニック看護師ならではのやりがいにつながります。

看護師は、いつも、患者さんの顔見ているから、気付く事もたくさんあり、異常の早期発見につながります。このように長年「かかりつけ」患者さんの健康管理を行う役割が重要となってきます。病院と違い患者さんの生活状況を把握しやすいため、生活指導、食事指導などの指導的な役割も必要になってきます。

看護師の主な仕事内容と働きやすさ

病院のように、身の回りのお世話は少なくなり、診療補助業務の割合が多くなります。主な業務内容は、診察の介助、指示による点滴実施、採血、検査、レントゲン介助等です。救急医療を行う現場ではないため、専門の技師さんが常駐していないクリニックもありますので、心電図検査やレントゲン検査など、看護師が代行で業務を行うこともあります。

クリニックの規模によりけりですが、受付業務、会計、クリニック内の清掃など、あらゆる分野で看護師が代行しているところも多いようです。クリニックは、病院に比べて小規模な運営です。ですので、家族的な雰囲気、半面、看護以外の仕事もこなさなければならないのがクリニックです。採用されている職員の数が少なく、個人経営であるため、スタッフ間のまとまりがよく、病院長のビジョン、方針が伝わりやすく同じ方向性を持って仕事に取り組めます。人間関係も、病院長をはじめ、スタッフ一同家族的な雰囲気なのが、クリニックの特徴です。

勤務の条件の選択しやすいのが診療所・クリニックの特徴

病床を有しない診療所・クリニックは、夜勤業務はなく、日勤中心の勤務形態です。体力的にも負担が少なく、長く続けられるのもメリットの一つでしょう。

休日は平日午後休み(水又は木)土曜日午後休み、日祝は休みという休日体制が多く(各クリニックにより休日は違います)、お盆、正月はカレンダーどうりの休日が取りやすい職場です。午前診療と午後診療の間に空き時間があるため、正職員のみの採用でなく、午前のみ、午後のみといった非常勤のパートで勤務しやすく、勤務条件を選択しやすい求人情報が多く出ています。

子供のお迎えや家庭の事情にあわせて勤務しやすいといえます。病院では時間がかかる記録物も複雑でなく、診療時間が終了すれば、仕事は終了するため、残業はないといっていいでしょう。

診療所・クリニックはお給料が安いの?

看護師普通

個人で開業している診療所・クリニックが多いため、経営状況や、院長の考えにより、ボーナスなどの金額はかわってきます。一般的には診療所・クリニックの看護師の平均月収は約20万円~25万円年収は約300万円~350万円といわれており、病院勤務の看護師の平均年収より約160万ほど少ないようです。

パートで勤務する場合は、時給1500円といったところが平均的です。しかし、透析専門クリニックなど特殊な技術を必要とするところは、病院とほぼ同じくらいの年収のようです。

地域の患者さんの身近な存在は診療所・クリニックの看護師さんです

地域の患者さんは、本音を医師に伝えにくいため、看護師にこっそりとお話される場面をよく見受けまられます。このようなあたたかな関係は診療所・クリニックでしか築くことはできませんし、患者さんと深く、密に接することができるのは、診療所・クリニックの看護師だからこそできる経験です。