141

治験コーディネーターって最近求人サイトでよくみかけますね。普段、病院で働いているとあまり聞きなれない職業科と思います。治験コーディネーターは看護師ができる仕事なのかもわかりませんね。

けれど、もしあなたが日勤のみで土日祝日休みで転職先を探している場合は比較的条件の良い転職先といえるかもしれません。これから治験コーディネーターのお仕事を詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にして下さい。

治験って何のこと?

治験とは、新薬や、サプリメントなどを実際に人間の身体で試すといった取り組みの事です。

今は様々な治験があり、健康な人にサプリメントを試してもらい前後の検査データを分析したり、糖尿病やアレルギーといった病気の方に新薬を試して効果をみていくなど、いわゆる臨床試験をすること治験といいます。多くのデータをとってお薬などの効果を明確にしていきます。

お薬以外にも治療に結びつく新しい医療機器なども試します。治療の臨床試験の略です。

看護師が治験コーディネーターとして活躍できる理由

看護師ニコニコ

看護師を治験コーディネーターとして採用する理由は、やはり異常の早期発見ができるスキルを持っているということと、病態生理と、疾患の理解、お薬についての知識があるということです。

いくらサプリメントといえども身体になんらかの症状がおきる可能性は十分にあります。

看護師はこういう事態を理解して、協力してくださる方々に説明しなければならないからです。

新薬はメリットもありますが、デメリットということを理解してもらう必要があります。

治験コーディネーターの仕事の実際

治験の流れ

臨床試験を行うにあたり、臨床試験を受ける人、行う人、場所を提供してくれる施設が必要となってきます。

治験コーディネーターは、臨床現場で協力が得られるよう、まず、病院や事業所で交渉を行います。理解が得られたら、協力してもらえる医師にプレゼンテーションを行い、お薬や、医療機器のメリットをお伝えします。

医師に協力してくれる患者さんの選定をしてもらいます。また、看護師やコメディカルへの説明を行い準備します。外来で行える治験もあれば入院しないとできないものもあります。

治験コーディネーター(看護師)の役割

治験コーディネーターの仕事は、調整業務が主な仕事となります。これを聞いて「?」マークが出てきた方も多いのではないでしょうか。

実際に病院や施設の看護師の仕事とは全く違い、患者さんの身の回りの仕事をしたり、医療処置を行う事は全くありません。ですので、患者さんと直接接する仕事がしたい看護師の方は向いていないかもしれません。

治験コーディネーターの行う調整業務は、治験を行うにあたってのスケジュール管理と、治験に実際関わっていただく医療従事者(医師、看護師、薬剤師、検査技師等)に対してのプレゼンテーションを含めた調整となってきます。

また治験を行うにあたっての資料の作成、プレゼンテーションの準備、検査データの管理も治験コーディネーターの仕事となります。

治験を受けていただく患者さんに対しても、負担とならないような環境を整えます。例えば、入院して治験を受ける場合、拘束時間が長くなるためお部屋に本やマンガが用意されていたり、リラックスして治験が受けられるよう配慮している会社もあります。

治験コーディネーターの仕事の目的は、治験が事故なく安全にスケジュールどおりに終了することと、正確なデータが得られる事です。そのために「調整」という業務は重要となります。

治験コーディネーターがはじめてでも大丈夫?

治験コーディネーターへの転職はのほとんどが、初心者ばかりですからご安心ください。

治験を取り扱っているのは会社組織です。その入職者の殆どは初心者という事もあり、入職時の研修制度もしっかりとされています。

治験コーディネーターに転職するには、治験を依頼する相手は病院であり、その病院がお客様ですので、患者さんが対象ではなく、企業対病院、業者とお客さまという感覚に看護という仕事のスタンスを切り替えていく必要があります。

治験コーディネーターのお給料と勤務体制

治験コーディネーターは会社員となりますので、その会社の勤務状況に応じた勤務形態となりますが、基本的にはどの会社も土日祝は休みになっています。

勤務は日勤のみで夜勤はありません。夜勤で不規則な生活が嫌いな人や、育児中の方には休日、勤務形態共に良い条件ですね。

メリットは会社なので、社会保障や福利厚生がしっかりとしているところではないでしょうか。

看護師普通

夜勤のないぶん、お給料は少なくなり、平均で月給20万~25万円、年収400万~480万円とされています。しかし会社によっては年収600万~700万といったところもあるようですが、なんらかのノルマがある会社もありますので、情報収集してください。

看護師の活躍する場所は多種多様

治験コーディネーターのように特殊な分野でも活躍する看護師が沢山おられます。

看護という仕事はとても幅広いですね。あなたにとってなにが大切か、時間かお給料か人それぞれ価値観はちがいますが、治験コーディネーターという分野で、キャリアを重ねるということも素敵ではないでしょうか。

→→ おすすめ看護師求人サイト