100

外科系でお仕事した事がある看護師さんなら、転職の際、心の片隅に何となくですが「美容外科」って興味ありますよね。

うわさでは、比較的お給料もいいみたいだし、夜勤はないし働きやすそうだけど、どんな仕事内容なの解らないからやはり無理かな。なんて迷っている看護師さんは、一度この「美容外科のお仕事内容」を読んでみてください。検討すべき転職対象になるかもしれないですよ。

美容外科ってどんなところ?

一般的に、外科的に病変部位を手術により取り除くということではなく、あくまでも、自分の見た目の改善のために手術的に外科的処置を行う診療科です。

看護師ニコニコ

よくメディアでとりあげられている、代表的な豊胸手術や、脂肪吸引、二重まぶたの形成、その他、しわやたるみに対してリフトアップの治療や、注射点滴による治療やシミに対してレーザーによる治療なども含まれます。

熱傷の後の皮膚移植などは医療を目的としており美容外科とは違った分野となります。

一般病院の中の診療科には含まれていない事が多く、主にクリニックとしての運営で、テレビや雑誌でコマーシャルされている全国展開している美容外科が多いです。

医療費の患者さんへの負担額は、一般の診療所や病院のように医療保険の自己負担額での請求ではなく、美容外科では自由診療となり、保険適応外となるため全額自己負担となります。

美容外科ってどんな患者さんが受診されるのでしょか?

美容外科に来院される患者さんは、自分の容姿にコンプレックスがあったり、見かけをもっと美しくしたいという思いが強い方が来院されます。

例えば小さい胸を大きくしたいとか、ウエストをもっと細くしたいから、腹部の脂肪を吸引したり、鼻を高くしたり(整鼻術)というふうに見た目を患者さん個人の理想に合わせて変えて欲しいという要望で来院されます。主に女性の方が多く、さらに美を追求したいという思いで来院され、年齢層も幅広くなってきています。

近年は女性以外にも男性も美容についての意識が高くなっており男性患者さんも多く来院されます。一般的な二重まぶたなどの手術以外にも血液クリーニングや、プラセンタ注射などは男性に人気です。

美容外科はどんなスタッフで構成されているの?

医師、看護師はもちろんですが、エステティシャン、カウンセラーなど、病院では聞きなれない職種の方もとも一緒に勤務します。またサービス向上のため電話対応のコールセンターを併設しているクリニックもあり病院とは違い接客に重視し、スタッフを配置されています。

美容外科のお仕事と看護師の役割

美容外科は接客サービス業です。

病院に受診される患者さんとは違い、病気を患って受診されるわけでなく、健康な状態で来院されます。そして美に対しての意識が高く知識も豊富でありるため理解しやすい説明や各施術に対しての安全性と正確性の高い技術を求められます。

自由診療での決して安くない費用での施術ですので、病院でいう「患者さん」という扱いではなく「お客様」として接していくところが病院と全く違うのではないでしょうか?患者さんではなく「お客さま」としての接客、接遇が求められます。

カウンセリングという仕事も美容外科では重要です。

来院されるお客様は、何らかのコンプレックスを持たれ心に傷を負っている方や、美しくなりたいという気持ちはありますが不安で一杯という方が来院されます。そして男性、女性に限らずデリケートな方が多いと感じます。

看護師普通

カウンセラーという職業の方はおられますが、実際の手術の内容や術後の状態などのオリエンテーションを行うのは医師、看護師の役割となりますので、看護師がお話するにあたり、お客様の不安の軽減を行うとともに、お客様のお悩みやを的確にとらえる必要があります。

このあたりの看護師として、患者さんを全体像でとらえるという看護過程の手法は病院で行う看護と変わりないと思いますので、これまでの病院での経験が十分に活かせる部分ではないでしょうか。

美容外科で求められる看護技術

看護を展開する上での基礎技術としての看護過程は、カウンセリングを行う上で重要な技術です。その他の看護技術として、病院で行う基礎看護技術は、十分な習得がもとめられます。

特に外科的な処置が多いので、見た目に美しくなるはずの患者さんの傷から感染したなどという事がないよう、清潔不潔の取り扱いや感染についての知識が必要です。看護師の主な仕事として手術介助が必須となります。

手術室での経験は、美容外科への転職は優位かと思われます。

美容外科は、このように基礎看護技術をしっかりと身につけた上での転職として考え病院で、3~5年経験した上での転職が好ましいといえるでしょう。

美容外科は新入職者研修も充実してます!

最近では、美容外科クリニックでも、新入職者の研修に力を入れているところが多くなってきており、ホームページでも研修カリキュラムを載せているクリニックも増えてきています。

美容外科ならではの特殊な治療や美容機器があるためそれらの扱いを解剖生理と共にに研修に含んで行われています。病院と同じくプリセプター制度を導入し、入社後、1年で独り立ちといったようにあせらずに技術を習得できるシステムを取り入れていますので、安心して転職できる職場と思われます。