79

産婦人科はお産がメインで助産師さんが働くところというイメージが強いですが、産婦人科の仕事は出産のみではありません。

助産師さんのお仕事と重複する内容もありますが、女性特有の病気も扱っていますので看護師の資格を活かせる現場でもあります。

こちらでは産婦人科での看護師の仕事内容やどのようにスキルをいかせるかを詳しくお伝えしますので転職活動にお役立てください。

産婦人科の動向

数年前まで、産婦人科医院を地域で開業されている開業医さんも多かったように思いますが、最近ではあまり見かけなくなりました。

少子化という時代背景と、出産とリスクが背中合わせといったところで、産婦人科を希望する医師も少なくなっています。地方に行くと町の公立病院のみでしか出産できない状況です。このように、産婦人科での勤務は、開業医さん又は、病院という選択枝があります。

少子化や、お産について高級志向も伴ってゴージャスな出産環境の提供をメインに行っているクリニックや不妊治療に力をいれている開業医さんなど専門的な分野で特長を活かし運営されているようです。

地域のクリニックでは出産前からリスクを伴わない妊婦さんが出産されます。一方病院では、なんらかのリスクが高く出産される妊婦さんがクリニックより紹介され、出産されるように地域で連携されています。

産科は新しい命をはぐくむ現場

一般病棟では、高齢者が多く、残念ながら見取りの現場に近いところもあります。しかし産科ではこれから将来、未来のある赤ちゃんの出産の現場です。

お子さんが生まれる事で周囲にいる大人も幸せになることのできる現場なのです。お母さん、お父さんは感激で一杯です。希望にあふれた現場です。看護師を含めスタッフ一同が笑顔で幸せのおすそわけがもらえる職場です。

産婦人科では助産師免許が必要ですか?

以前から助産師になりたいという願望が強く、チャレンジしたいという方は助産師の資格取得を目標にされてはいかがでしょう。

看護師ニコニコ

助産師の資格は、看護師の資格があれば、助産師学校の受験や看護大学の編入し国家試験の受験資格がもらえます。国家試験合格すると、はれて助産師さんになれます。資格があると就職に優位です。一度、産婦人科に配属されると他部署への異動はないので安心ですし、なれたところでずっと仕事ができるメリットがあります。

絶対的に助産師の資格が必要かということはありません。特別に特殊なスキルがいるわけではありませんし、これまで病棟で必要な基礎看護技術と看護過程が使えれば問題なく看護師として仕事できます。

産婦人科でのお仕事と看護師の役割

産科でのお仕事

もちろん出産前後の妊婦さんのお手伝いをするお仕事です。出産の立会いの中心は助産師さんですが、妊婦さんへの指導は助産師さんと共に行っていきます。

出産される妊婦さんは喜びとともに不安も大きいため安心して出産できるよう環境を工夫したり、相手が理解、納得できる指導を行う事が重要です。また沐浴やミルクを飲ませたり新生児のケアや看護も看護師が行います。赤ちゃんが大好きという看護師さんにはぴったりですね。

入院施設があるクリニックや、病棟であれば夜勤もあり、休日も不規則な勤務体制となります。

不妊外来でのお仕事

看護師普通

30~40歳台で出産される方も多くなったり、若い方でもストレスなどで妊娠しにくいといった現状が社会背景としてあるため、不妊治療を希望されているご夫婦のニーズは高くなっています。

知っておかなければならないのは、産婦人科に受診されている方全員が、出産されるわけではなくこのように、お子さんに恵まれない方々もおられるということです。

不妊治療は根気もいりますし痛みを伴う長期の治療となります。費用も半端なくかかりますので患者さんやその家族は一生懸命で精神的にも強くないと継続できない治療です。このような事に女性として共感できたり、精神的に支えてあげられる看護が必要となります。

産婦人科内の専門として不妊外来をされているクリニックが多いため、入院施設を持っているクリニックであれば土日祝関係ない勤務体制となり夜勤が発生します。

婦人科での看護師のお仕事

婦人科は、女性特有の子宮や卵巣の疾患を扱っています。

産科は出産や新生児を取り扱うのに対し、婦人科は成人が対象となります。特に近年は子宮がん、卵巣がんなどの患者さんが多く、ターミナルケアを必要としている方や抗がん剤治療を行っている患者さんや高齢の患者さんが多くおられるので今までのの病棟勤務の経験は十分に活かせます。病棟勤務であれば、日常生活の援助や点滴、採血等一般病棟とのケアとほとんど同じです。

予防的な取り組みが盛んとなってきており、子宮がん検診などの検診業務も外来で多く取り扱うよになってきています。

同姓だから共感できる産婦人科

妊娠出産は、女性特有な現象であり、出産を経験された看護師さんなら、より出産される妊婦さんの気持ちが理解できたり、新生児や小児の扱いなどにも慣れており、適切なアドバイスや指導ができると思います。産婦人科は、特殊な科であるためクリニックでの求人が多く、普通の内科クリニックより条件がよく求人が掲載されています。

看護師の資格であれば、他の病棟でも仕事できると判断され希望どおり産婦人科の勤務ができるかわからないという現実があります。やはり助産師にチャレンジするのも良いかも知れませんね。