100

入院患者さんが皮膚の異常があっても、皮膚の異常ということはわかりますが、皮膚科の専門的な知識が未熟だとアセスメントに困りますね。主治医も皮膚科専門医ではないので、あいまいな対応しかできなかったりすると不安になります。そこに皮膚科の医師が診察に来てくださり、適切な対応をしてくれて時は、ほっとした経験ないですか?

このように一般の病棟で仕事している看護師は皮膚科については知らない事がたくさんあります。こちらでは、皮膚科の特徴と、仕事内容を詳しくお伝えいたしますので転職活動にお役立てください。

皮膚科の特徴

皮膚科は、一般病院の外来、病棟部門におかれている所と、地域で開業されているクリニックがあります。年齢層は小児から高齢者まで幅広く受診されます。

地域のクリニックや病院での外来では、にきび、水虫、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、アレルギーに伴う皮膚炎、いぼ、魚の目などで受診されるようです。

看護師普通

皮膚科クリニックには、美容皮膚科もありシミ、たるみなどアンチエイジングなど美容等を目的にされてるクリニックです。一般の皮膚科とはやや違った診療科となりますので興味があれば転職サイトで調べてみて下さい。

一方、病院の病棟では入院手術が必要な疾患が主となります。例えば、在宅でできてしまった褥創の手術やケア等も皮膚科で行われる事もありますし、悪性の皮膚疾患で入院されている患者さんもおられます。

皮膚科での仕事と看護師の役割

外来部門での仕事と看護師の役割

主に、外来の診療補助業務と同じく、採血、点滴、検査等を行います。

様々な年齢層の患者さんが来院されますので、小児の診察時には泣いたり騒いだりして、診察の妨げにならないよう上手く誘導すると共に、付き添いのお母さんが安心できるような対応が必要です。

高齢者の患者さんは、衣服の脱ぎ着など、自由に四肢が使えない患者さんもおられますので待合室での患者さんの状態の把握、観察を十分に行い診察がスムーズに行えるような配慮を行います。

治療は、内服薬と外用薬が処方される事が多く、服薬指導や、塗布の方法を患者さんやその家族に指導しなくてはいけないので薬の知識と、患者さんの症状をアセスメントする能力が必要となります。

美容皮膚科では、一般的な注射、点滴等の他に、手術介助という業務が加わりますので、手術室の経験があると転職しやすいと思います。また美容という環境であるため、患者さんではなくお客さまです。確実な技術の提供と相手に伝わりやすい説明が求められます。そして看護師も「美」に対しての意識を高く持ちましょう。

外来では比較的、命に支障のない疾患が多く、日常生活動作が自立している患者さんが多いので、看護師の身体的、精神的負担は少ないといえるでしょう。また、日勤のみの勤務体制ですので、夜勤の負担はないため、お給料は少なくなりますが、結婚して家庭と両立したり、子育て中の看護師の方の職場としてはオススメです。

病棟部門での仕事と看護師の役割

入院病棟では、比較的重症な患者さんが多く入院されています

患者さんは、もともと内科的疾患をベースに持っておられる方や、疾患の合併症で皮膚疾患を発症している患者さんもおられるので、内科的な疾患の知識は必要となってきます。

例えば、糖尿病をベースにお持ちの患者さんが、蜂窩織炎が悪化して入院された場合は、皮膚病変のみでなく、食事、血糖値、日常生活の指導等、糖尿病の管理も必要となります。

重症化した褥創の治療で入院される患者さんもおられます。このような患者さんは比較的、寝たきりに近い患者さんで、在宅で社会的資源を使わずに過ごしされている患者さんがほとんどです。

このような患者さんには、全面的な日常生活援助が必要ですし、家族に対しての介護指導や、社会資源の活用をケースワーカーと共に支援することも仕事の一部になります。

手術目的で入院される患者さんも多く、局所麻酔が多いですが、麻酔に関して知識や、術後の管理の知識も必要となります。

悪性皮膚疾患で入院されている患者さんもおられますので、悪性疾患の化学療法や、内服、治療についての知識や、痛みを伴う患者さんもおられるためターミナルケアも必要となることもあります。

患者さんの心に寄り添える看護が大切

皮膚科の疾患は、他人から見えるところに皮膚病変があって見た目が気持ち悪いとか、見た目が良くないという事が特徴ではないでしょうか?これによって、外出を控えたり、人と関わるという事をさけておられる方もいます。病院を受診するということもとても勇気にいる行為かと思われます。

やはり心を閉ざされていたり、コンプレックスをお持ちの患者さんがほとんどですので、はじめは、コミュニケーションがとりにくい患者さんもおられるかもしれません。

外来でも病棟でも、患者さんが心が開けるような環境や技術の提供や、話を聞く姿勢や患者さんの心に寄り添えるような看護が重要かと思われます。