6

保健所は保健師さんが働くところというイメージですが、保健師さんがどんな仕事をしているのかわからないというのが、本音の所ではないでしょうか?それに看護師は何するの?興味はあるけど、看護師の求人があるのかも不明といった方も多いのではないでしょうか?

病院を経験してから、転職先として保健所はとてもオススメな職場かもしれません。こちらでは、保健所での看護師の役割、仕事の内容を含め、どんな看護師さんが保健所に向いているのか、メリット・デメリットを含めお伝えしていきます。

保健所ってどんなところ?

看護師普通

保健所は、地域の方々の公衆衛生や健康を支える公的機関です。最近では、市町村保健センター、福祉事務所などと統合され「保健センター」などという名称に変わってきています。地域保健法に基づいて、政令指定都市、中核市、その他指定された市、特別区に保健所があります。

保健所が行っている仕事の内容として、結核予防・生活習慣病の指導・エイズ相談・精神保健福祉・心身障害児等についての相談・難病に関する相談・原爆被害者の援護に関する相談・食品衛生・狂犬病予防・産業廃棄物・水質汚染の苦情相談、その他社会資源としても機能しています。

保健所ではどんな人が働いていますか?

資格を有する職員は、医師、歯科医師、薬剤、獣医師、保健師、助産師、看護師、放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、管理栄養士、栄養士、歯科衛生士などです。病院と同じようなスタッフで構成されています。その他は事務員さんです。

保健所での看護師の役割と、お仕事の内容

保健所の役割は地域住民の方々の健康管理をする事が役割となります。看護師は予防的に指導を行ったり、相談に応じたりが主な仕事の内容です。具体的には、市町村が行う、検診事業や予防接種、検診時の医師の診療補助業務、妊婦さんや、子供のケア、高齢者のお世話などを行います。例えば、妊婦さんの自宅を訪問し、産前、産後の指導や、相談に応じたりします。

保健所の仕事のメリットは?デメリットは?

看護師ニコニコ

公的機関となりますので、地方公務員となり、安定した収入が得られます。夜勤もなく、カレンダー通りの休日で、日曜出勤もありません。残業も病院と比較すると少なく、家庭を持ち、子育て中のママさん看護師さんにもオススメの職場です。肉体労働が少なく、生死に関わる仕事ではないので、肉体的、精神的にも心身の負担は少ないと思われます。

看護師困った顔

しかし、一度入職すると、離職する人が少ない職場ですので、求人人数が少ないということで、なかなか採用につながらない職種でもあります。また、保健師の資格を持っているほうが優先される場合もありますので、自身のスキルアップのためにも保健師の資格取得を目指すのも良いかと思われます。非公開求人として求人サイトが掲載している場合が多いので、一度求人サイトに詳しい事は聞いてみてください。

比較的1年契約などという、非常勤看護師の募集が出ているので、常勤以外で考えてみてもいいかと思われます。お給料は地方公務員に準じたお給料となり、年収350万~400万とされていますが確実に昇給します。病院で勤務するよりは低いお給料となりますが、長く続けられる仕事としては良い条件ではないでしょうか。

こんな人が、保健所の看護師に向いている!

病院は病気に対しての看護が主な仕事になりますが、保健所は予防することが看護の役割になります。地域の方の相談を受けたとき、お話を聞いた中で、その方の身体に潜む考えられる予測される事柄を限られた情報からアセスメントし、適切なアドバイスをしなくてはなりません。

また、多くの方とお話する機会があり、様々な背景の方々と柔軟に対応できるコミュニケーションスキルも必要となってきます。そのため病院で3年以上の臨床経験をつんでからの転職が適切かと思われます。

病棟で、糖尿病の指導をしていたり、外来で、患者指導を中心に行っていた経験があれば、スムーズに業務に入れるでしょう。慣れてくると、保健指導の教室などの新しい企画をしたり、地域の方々が楽しみながら取り組めるイベントを運営するのも保健所の仕事での楽しみであったりしますので、企画力のある方も歓迎されるのではないでしょうか。

また保健所は地域住民を対象として活動していますから、高齢者の割合や、出生率なども全国比較しアセスメントできる能力も求められます。地域の動向に興味を持てることも仕事を行う上で重要となります。様々な社会現象に興味関心をもち前向きに取り組める人が保健所に向いているといえます。

社会現象としての高齢化、小子化などが問題となっています。病院は在宅復帰に取り組み在宅医療に力を入れています。しかし、まだ日本では、在宅で安定した療養生活を送るという事に不安を感じている人の方が多いと思います。

このような現象から、健康志向はどんどんと高くなってきています。特に高齢者の方々は寝たきりにならないよう、病気にならないよう様々な努力をされています。保健所で働く看護師は、このような方々により、身近でな存在であり、地域の方々を病気、寝たきりから守る事ができる職業ではないでしょうか?

→→ 看護師の転職先として訪問看護ステーションはどう?特徴や転職するメリット・デメリットは?