79

内科というと、手術等がなく、患者さんの状態は慢性的で比較的穏やかな経過をたどっているでというイメージでしょうか?内科は、消化器内科、循環器内科、神経内科、呼吸器内科など細かく専門科がで分かれています。

こちらでは、内科で看護師の仕事をしながら、各専門分野の専門性を理解し専門的にスキルアップできる方法や、内科看護師のやりがいをお伝えしていきます。

内科ってどんな専門科があるのでしょうか?

看護師普通

一般的に内科というと、 消化器内科、循環器内科、神経内科、呼吸器内科などがあり、それらの中で、医師の専門性において、肝臓、糖尿病、リウマチ膠原病、腎臓内科などさらに細かく分科されています。その病院の位置すると地域の特徴や、患者さんの疾患や傾向で、病院がどの分野を専門的に診療するかを決めている病院もあります。

また医師の専門分野で内科の診療分野を構成されますので、内科を希望し、転職する際は、その病院は内科として、どのような専門分野で主に診療しているのかの情報収集が必要とおもわれます。

内科の患者さんの病態と特徴は?

内科的な疾患の特徴として、外科的に手術を行って完治するという病状ではなく、一度病気になると、その病気と長期にわたりお付き合いしかなければならないというのが特徴ではないでしょうか。

糖尿病などで慢性的な経過をたどる患者さんや、癌の末期症状の患者さん、心筋梗塞など緊急を要する患者さんもおれれます。年齢層としては必然的に高齢者が多くなってきます。

そのために基礎疾患とともに合併症を併発して、入退院を繰り返す患者さんもおられます。また、内科外来には、風邪、不明熱、インフルエンザなどという季節的な感染症などで来院される場合もあります。

知っておきたい内科看護師のお仕事のあれこれ

内科外来・内科系クリニックのお仕事

内科外来やクリニックでは、病棟と違い、様々な疾患や年齢層の患者さんや感染症を疑う患者さんが来院されますので、個々の患者さんにあわせた柔軟なコミュニケーション技術が求められます。

看護師普通

特に長期にわたり「かかりつけ医」として通院されている患者さんは、長くお付き合いを続けているうちに、看護師は「何でもわかってくれている」という安心感を与え、信頼関係を築きながら看護を行う事でやりがいにつながっていきます。

また、内科外来では、指導という仕事も重要な役割となってきます。例えば、自己注射や服薬指導の指導は、薬剤師さんと共同で企画し個別指導を行っていくというお仕事もあります。

ご自宅で生活される上で安心安全に過ごされるように個別に考えることや、それが次回の受診時に評価できるのでチームで行っている看護として手ごたえのある看護につながります。

外来で内視鏡を積極的に行っている病院は、「消化器内視鏡技師」という資格を持っていると転職に優位となりますし、入職後の資格取得にも積極的に取り組んでいる病院も多いので、転職後のスキルアップにもつながります。

内科病棟のお仕事

一般的に内科病棟では、高齢者が多く、基礎疾患と共に合併症をきたし廃用性症候群が進んで、寝たきりとなった患者さんも多いため、看護の内容としては、日常生活援助中心となります。

バイタルサインと一般状態の観察、全身清拭、排泄介助、服薬介助、食事介助などとなってきます。慢性的な患者さんは、一般病院であれば、高齢者であれば、社会的背景を入院時から考え、患者さんやその家族にとって最適な自宅復帰や転院先を考える必要があります。特に療養型などは入院日数が数ヶ月になってきますので、家族の方とのコミュニケーションも重要となってきます。

内科病棟では、感染症を疑われる患者さんも入院されてきます。一般の患者さんへの感染を防ぐため正しい感染症についての知識と適切な対応が必要となってきます。

慢性的な経過をたどる糖尿病は、生活習慣病の予防や、食事、合併症予防、スキンケア、などの指導を中心として教育入院を行っている病院が増えています。「糖尿病療養指導士」という資格は、医師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士と共にチームとして、個別指導や集団指導の中心的な役割を担います。

現在このような専門的な資格を取得する事を各病院で積極的に取り組んでいるので、糖尿病患者の看護を5年以上経験した看護師さんはぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか?

看護師普通

また、ちょっと違った専門分野では、リウマチ専門の「登録リウマチケア看護師」という資格もあります。リウマチの関節の腫脹、痛みの程度で進行状態をみたり、日常生活指導や、服薬指導等を行っていきます。開業医さんなどで、リウマチ専門病院をされている病院などの転職には優位だと思われます。

内科では様々な専門分野があるので、自分が興味があったり、得意とする分野のスキルアップがしやすい診療科ではないでしょうか?いずれにせよ、内科の患者さんは多岐のわたり様々な疾患、をお持ちですし、急性期の患者さんもおられますので、急変時の対応は常にできるよう看護技術とアセスメント能力の向上ができるよう常に学習していきましょう。

→→ 看護師転職前に知っておきたい外科の仕事内容は?