157

看護師の平均初任給はどのくらい?手取りは?

看護師という職業は一般的に高収入だとされています。高齢化社会となった現代では、病院以外の施設などでの需要も高い職業となってきました。病院関連でも常に看護師不足は叫ばれており、資格を取ってしまえば、安定した雇用があり、収入面での安定も得られます。

また、日本の平均給料では、どうしても女性の年収は男性に劣る傾向いありますが、看護師という職業では男性に劣ることなく、給料がもらえるところも魅力です。

では、実際の看護師の初任給はどうなのか、手取りはいくらになるのかという点をみていきたいと思います。

看護師の平均初任給は?

看護師普通

日本看護協会によると2015年度の新卒看護師の予定初任給は高卒+3年課程卒業の看護師では262,567円とされており、大卒の看護師では270,806円とされています。基本給は約20万円前後になっており、他の職業の新卒者(大卒)の初任給平均では約19万円であり、他の職業と比較しても初任給から高いお給料をもらっていると言えます。

そもそもの初任給とは、本採用後に支払われる所定内賃金の事であり、通勤手当や時間外手当は除かれています。病院や、施設によっては、15日締めであったり、月末締めだったりと異なっているため、新人看護師の初任給は満額もらえないという病院や施設もあるとの事です。

平均初任給は、金額だけみると十分に感じますが、実はこの金額すべてが手元に入るというわけではありません。それは、この金額から社会保険料や税金等が引かれることになり、ひかれた金額が実際の手取りとしてもらえる給料となるのです。次項では、手取りはいくらなのかというところまで踏み込んでいきたいと思います。

手取りにするとどのくらい?

看護師普通

あるアンケート調査によると新人看護師の半数以上が手取りは15~20万円だったと回答しています。大腿の目安として、総支給額の20%が天引きされるため、手取りは19万~21万円が相場となっているようです。

また、寮に入っていれば寮代が天引き対象となりますし、ユニフォーム代も給料から天引きされるような病院もあるようです。看護師というと、夜勤のある職業です、4月の新人看護師の初任給には夜勤手当がありません。そのため、夜勤が開始となれば、夜勤分の手当てがプラスされるため、給料アップが期待できます。

一方で悲しい新人看護師の給料事情として、残業手当にまつわるものがあります。私が実際に勤務していた病院では、新人は3カ月間残業手当をつけられないというルールがありました。新人は終わらないのが当たり前という考えでしょうが、新人の頃は精神的にも辛いため、残業しても手当が出ないということでますますモチベーションが下がってしまったのを覚えています。

ボーナス事情はどうなっているの?

新人看護師のボーナスについても施設によって待遇は異なります。夏のボーナスから満額支給される病院や施設もあれば、全額支給は冬のボーナスからとなっている所もあります。気になるのはボーナスの金額ですが、新人看護師のボーナスの相場は約20万円~40万円となっているようです。

給料のほかにもこんなにたくさんのお金がもらえるのは嬉しいことですね。ここでもう一つ。初ボーナスの使い道として多いのが親へのプレゼントとして患者の気持ちを伝えている新人看護師が多いとのことです。

親御さんも喜ぶ事間違いなしです。また、自分への頑張ったご褒美も大切です。モチベーションを維持しないとよい看護はできないと思います。

まとめ

看護師の初任給、手取りについてみてきました。初任給から、天引きされる金額が多いことに驚く人もたくさんいると思います。

しかし、それでも世の中の平均から言えば看護師の初任給は多いのです。給料事情はそれぞれの職場で異なるため、十分なリサーチが必要です。納得のできる条件で働けたら、行う看護も素晴らしい看護になることでしょう。