155

看護師の平均給料は安い?手取りは?高い県はある?

看護師の平均給料

看護師の職業は、女性の職業というイメージが強いですが、はたしてその給料は高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。世間一般的には看護師は高月給だといわれることもあれば、3K(きつい、汚い、給料安い)の職場の代表と例えられる事もあります。看護師の給料の実態を見てみましょう。

看護師ニコニコ

全国的に見た看護師の平均年収は400万~600万円とされています。一方で、他職業の女性の平均年収が約300万とされています。各施設や病院によってボーナス、手当などの違いはあっても、他の職種の女性の年収と比較すると高いものになるため、給料がよいと言われます。

しかし、3Kの代表とされている事も事実です。

立ち仕事が多い事に加えて、日勤、夜勤と不規則な生活を送らなくてはなりません。また、常に命の危機に瀕している患者を気にかけ、一方では患者のクレーム対応や、精神的フォローも行わなくてはならないという仕事の内容対価としては給料が安いと感じる看護師も多く、3Kの代表とされる理由かもしれません。

しかし、体力には自信があり、多少きついと感じても、年収においては他職種よりも高いため、安定して稼ぎたいという方にはこれ以上ない職業だと思います。

看護師の手取り

次に、手取りについてみてみましょう。看護師の平均月収は32万円とされています。月給の内訳は、まず、基本給。

基本給とは手当を含まない最低賃金であり、毎月支払われる金額です。それに加え、看護師には様々な手当てが付きます。夜勤をしている看護師には夜勤手当が付きます。夜勤手当は施設や病院によって異なり、1回の夜勤の値段が支払われる所もあれば、月にいくらと決められている所もあります。

また、日勤という昼間の勤務では休日手当や、年末年始の手当として、手当が付くことがあります。精神科勤務や、放射線科勤務となれば、他の科とは異なり危険手当という手当が付く施設や病院もあります。日勤、夜勤どちらにおいても、残業代というものが、超過勤務手当または時間外手当として支給されます。

そのほかに、交通手当や、役職があれば役職手当、特別な資格(認定看護師や専門看護師)があれば、それらも手当の一部として加給されます。基本給と、さまざまな手当てを合わせ、平均月収が32万円となっています。

しかし、盲点なのが月収=手取りではないというところです。それは控除額があるからです。控除とは、健康保険料、年金保険料、所得税、住民税、雇用保険料などを指します。これらの控除が月収から差し引かれると、看護師の手取りは平均28万円となるのです。

給料の高い県、低い県

平均の年収、手取りについてお話してきましたが、年齢や、経験年数、地域によっても年収に変化が生じてきます。日本の中で看護師の給料は一定ではありません。県別に比較すると、どの県が高いのでしょうか。

看護師普通

平均年収が高い県全国1位は京都府とされています。次いで神奈川県、東京都と続きます。その逆に、年収が低い県とされているのは熊本であり、宮崎、鹿児島となります。この事より、大都市や都市部周辺の地域では給料が高い傾向にあり、都市部から離れるほど給料は安くなる傾向にあるようです。

都市部には、人が集中しているため、患者さんの数も増加します。また、規模の大きい病院や、3次救急指定病院などでは給料設定が高く設定されていることが多くあります。患者さんが多いということは業務量も増えるということであり、多忙な病院ほど高い給与設定になっていることが、年収の地域的な差に表れています。

いかがでしょうか。看護師の給料は地域によっても差がみられるものの、同年代の女性と比較すると高いと言われています。今後の日本においては、ますますの高齢化が懸念され、より一層ニーズの高まる職業だと言えます。

国の対策により、看護職の給料が上がるなんて事があれば一番理想ですが、そんな期待はできません。都市部でとにかく稼ぐのか、穏やかにゆったりと稼ぐのか仕事のスタイルを自分で決められるのも看護師の仕事ならではだと思います。