103

小児科で働きたいと希望される看護師さんは多く、人気の職場の一つです。とにかく子供が大好きという方は働きたい職場ですね。こちらでは、小児科看護とはどんなものなのか、どのようなスキルが必要か、どんな人が小児科の看護師さんに向いているか詳しくお伝えしています。

小児科ってどんなところ?

看護師ニコニコ

小児科で診察する患者さんの年齢は0歳の新生児から15歳未満だいたい中学生くらいの子供たちが受診します。小児は、身体が成長段階であるため、薬の量や治療が成人とは違います。

15歳前後でほぼ成人と同様の身体となりますので、15歳以上は小児科と区別されています。

小児科は、小児外科、小児内科というように専門科には分かれますが、入院する病棟は成人のように内科、外科のように分かれておらず、一般的な内科的疾患から先天性疾患や血液疾患、小児癌など、病状は慢性期から急性期といったように疾患、病態も幅広い分野で、看護を行う現場です。

小児科にはどんな職場がありますか?

一般の小児科病棟以外に小児外来に超急性期のNICUPICUなど特殊な病棟もあります。病棟により、取り扱う疾患や病状がちがうので、それぞれご紹介いたします。

小児外来の看護師のお仕事

小児外来を行っているのは、病院のみでなく、地域の診療所・クリニックという分野でも小児科として開業されています。

病院の外来でもクリニックでも、問診、診察介助、検診業務、点滴、採血という一般的な診療補助業務となります。また、小児が必ず接種しなくていけない予防接種も小児科での仕事の一つとなります。

小児と成人の違いは、病院に来ると注射されて痛い思いをするとか怖いと思って来院します。医師が診察するだけでも泣いたり、グズグズしたりと診察や処置が思うように進まない状況が発生します。

また季節的に感冒等感染症が流行する時期は診察がかなり混雑しますので、スムーズに診察できるような配慮が必要です。

小児科病棟の看護師のお仕事

みなさんはご存知の小児が入院している病棟です。

整形外科的な疾患から小児癌の患者さんまで多くの病気で入院されています。

難病や、先天性疾患等の高度な医療が必要な患者さんは大学病院やなどの急性期病院に入院されてます。肺炎などの急性期などは一般病院に入院されます。小児科で看護を行うには、内科外科などの診療科に限らず、様々な疾患の病態を熟知しておく必要があります。

看護師普通

小児は成人と違い、少々身体がしんどくても遊んでいたり見た目は比較的元気な場合が多いので、病状の変化に気付くのが遅くなり、急変を見落とす可能性があります。小児科では、多少の変化をよみとる鋭い観察力が必要です。

小児科では、子供と遊びながら信頼関係を築いていく事も大切な役割です。子供が好きなキャラクターのお絵かきや、レクレーションが得意な方は小児科向きでしょう。

NICU(新生児特定集中治療室)でのお仕事

NICU(新生児特定集中治療室)は未熟児や先天的性疾患を持つ新生児が、手術など集中治療を行う現場です。

新生児はいつ急変してもおかしくない状況で生まれてきます。成人看護とは違う医療機器や、微量な薬剤を使用するので、看護師の操作一つで生死に関わる事態になりかねます。

新生児は体温調整が未熟であるため、環境整備等をしっかりと行い体調管理をおこなうと必要があります。小児科全般的にいえることですが小児は血管が成人より細く点滴、注射を行うだけでも成人と違ったテクニックが必要となります。緊急時、急変時の対応や、高度な技術が必要となります。

小児科看護において大切な共通点

子供が大好きな看護師さんであること

あくまでも子供が大好き、可愛いというだけでは、仕事はできなきのですが、子供と遊んだり、お遊戯したり 保母さんのような役割ができることも看護師の仕事です。

子供は、とんでもなく予想もしない事を行ったり、大人の指示に従わなかったり思うように行動はしません。点滴や注射もさせてくれないこともあります。そんなときでもイライラせず、笑顔で、ご機嫌が治るように子供が楽しめる雰囲気を作ったりできる工夫が必要です。

保護者、両親のサポートができる看護師さんであること

小児科の患者さんやそのご家族は、これから長い人生を家族で楽しむため治療しています。患者本人のみでなく、ご両親はどんな病状でも、「死」という事の受容は難しいです。治療して治癒する疾患であれば良いのですが、小児科病棟には治療しても治らない疾患の患者さんもいます。

看護師普通

また先天的に疾患があり気が動転しているご両親もおられます。子供の病状についてかなりデリケートになられています。このような保護者、両親と上手く信頼関係を築かなければ、まず小児の看護を行う事はできません。

子供が好きというだけでの転職ではなく、保護者、両親ともども巻き込みながらお互いに協力しサポートできる信頼関係が重要です。看護師としての見守る姿勢やコミュニケー諸能力が必要とされるスキルではないでしょうか?看護師自身も子育てを経験する事で小児について共感できますので、出産後に小児科を希望される看護師さんが多いようです。

→→ 看護師転職前に知っておきたい産婦人科の仕事内容は?