86

中核病院は、日ごろの健康管理をしてくれているかかりつけ医(開業医)が、病状変化があり、何らかの精密検査や、詳しい診察が必要と医師が判断したときに、中核病院に紹介します。複数の診療科や医療機器を備えた施設です。

中核病院は、法人経営の所も多いですが、地方中核病院となると、市立病院や、公立病院といった、市町村が運営している病院が多い事が特徴です。

こちらでは、このような、地方中核病院の特徴と転職のポイントをご紹介いたします。

地方中核病院の看護師さんの動向

看護師普通

首都圏の病院は、年齢層が、若い方が多く、離職率も高いので、求人件数も多い事が特徴です。地方中核病院は、公立病院が多く、入職すると公務員となるため、身分や福利厚生、退職金制度の保障などが充実しているため、一度入職すると、定年まで仕事を続ける看護師さんが沢山います。そのため離職率が低く、年齢層は高くなっています。

また、多くの公立病院は保育園を併設しており、子育て中も安心して仕事できると言えます。家族構成として、両親と同居していたり、近所に住んでいたりして、結婚しても子育てに協力してもらいながら仕事を続けられるのも地方の看護師さんの特徴かと思います。家庭を持つ看護師さんが中心となっている職場でもあるため、ワークライフバランスが充実しているとこが多いです。

地方中核病院の特徴

地方には、病院の数が少ないため、地域に住む患者さんはほとんど中核病院に集まります。

病床数は、500床以上あるところもあり、設備も最新の医療機器を備えています。地方でも、病院の建て替えが盛んで、首都圏の病院と変わらない機能を持ち合わせています。

看護部の活動も活発にされており、看護部長が、なんらかの権限をもって副院長と兼務している病院も多くなってきました。そのため、地方といえども、看護師の研修制度やラダー制を取り入れているところが一般的となってきていますので、それほど経験年数が少なくても、スキルは確実に身につきます。

公立病院は、個人病院のように、経営が悪化して、閉院するということはめったにありません。しかし、地方では医師不足の問題もあり、診療科を減らして運営している病院もあり、医師不足は病院運営に直接影響しますし、看護師の仕事にも影響してきますので、医師の充実具合も情報として必要です。地方は高齢化率も高いため、地域中核病院は、介護保険施設など手広く経営している所が多いため、どれくらいの付属施設をもっているかと、それらの運営状況も把握しておきましょう。

年上看護師さんとの良い関係が長く続けれれるポイントです

看護師ニコニコ

地域に住む患者さんのほとんどが、中核病院に集まってきますので、職員と、患者さんはお隣さんとか、ご近所さんで知っている人だらけ、職員同士もそのような関係性があり、子供の通う学校が同じであったり顔見知りであることが多い関係です。長年勤務している方が多いため、気の知れた仲間として人間関係が成り立っています。

看護師さんのスタッフ間では、年齢層が比較的高い看護師さんが多く、自分より年下の看護師さんが少ないという場合もあるかもしれません。自分が役職であったなら、部下は年上などという時もあります。年上の看護師さんは、時に厳しく時ににやさしいと思った方が良いでしょう。しかし、この道、○年のキャリアの方がたは辛口コメントの方も多くられますが、うまく尊敬の意を示しながら、笑顔で接しましょう。比較的可愛がってくれます。経験を積まないと、解らないことや、応用できる技術を教えてくれますので、アセスメントの幅はとても広がります。

地方中核病院の看護師のお給料

地方公務員で看護師の場合のお給料で、お話を進めていきます。

看護師平均月収約33万円、年収も看護師平均年収約473万円となっていますが、

個人病院や法人病院の場合は基本給が低く、夜勤手当その他の手当てで、毎月のお給料は高めの設定にしています。公務員となると、基本給は高く、その他の手当てが低いという給与設定ですので、基本給にあわせて、ボーナスが支給されるため、ボーナスの額は高くなり、年収も個人病院と比較すると、高い設定となっています。

地方公務員の看護師の場合、平均月収は約33万円~35万円、年収500万~530万管理職となると、700万以上ともなる事もあります。安定したお給料や手厚い福利厚生を期待するなら、地方中核病院は、看護師の仕事を一生続けやすい職場といえます。

楽しもう!地方中核病院

地方での生活は、首都圏と違い、交通手段が車中心であったり、気候の違いで、雪が降ったり、暑さが厳しかったりします。

少し不便を感じるところもあります。あまり地方での生活は自分に合わないと思う方は、首都圏に近い地域中核病院を探してみてはいかがでしょうか?ご当地での生活はその土地でしかいただけない、ご当地グルメ、おいしお野菜などお得感もあります。

その土地、その土地の人柄に触れて地域の人々の生活を知るのも地方中核病院で働くメリットではないかと思います。食生活、生活習慣を知ることは、患者さんへ教育指導に役立つでしょう。