158

大卒看護師と専門卒看護師の給料の違いは?

少し昔の話では、正看護師、准看護師という言葉がよく聞かれていましたが、昨今では准看護師制度は停滞しつつあり、制度自体を廃止している県も出現しています。正看護師がメインとなり、看護師の世界でもキャリアの時代が訪れました。

正看護師になるのには専門学校の3年課程や、准看護師の資格を持ちながら専門学校を2、3年課程で卒業したり、短大で3年課程を卒業、大学の4年課程を卒業し、国家試験に合格した時に得られる資格です。

これからの進路をどうしようかと迷う人、卒業課程による様々な違いを知りたい人がいるでしょう。今回は、大学卒の看護師と専門学校卒の看護師の給料や出世、転職などの違いをお伝えしたいと思います。

大卒看護師と専門卒看護師の給料の違いの有無

看護師普通

大卒看護師と、専門学校卒の看護師では初任給に若干の差が生じます。その違いの平均は約7000円というデータがあり、病院によってその差の大小は異なります。ある病院では2000円の差であるのに対し、他の病院では2万円の差が出ています。

しかし、大きくてもその差は20000円までです。月給でも1~2万円の差は出ます。年収で表すと大卒看護師の年収の平均は約475万円であるのに対し、専門学校卒業の看護師では約465万円でその差は15万円程度となります。

その差は、さほど大きくないため専門学校を選択し、大学よりも1年はやく働き始めるという方もいますが、将来的な事を考えると、年収の差は50万~100万円にまで開く事があるため、どちらが良いとは一概には言えません。専門学校と大学の学費や、カリキュラムなどの違いがあります。

大学と専門学校の違い

では、大学と専門学校の違いについてみていきます。同じ看護を学ぶ事に違いはありませんが、大学と専門学校ではカリキュラムが異なってきます。

大学でのカリキュラムの中心は、患者の状態把握を行い、その対応をするための判断力と実践力を育てます。また、看護額以外の一般科目を学ぶ事ができます。何より、看護大学を卒業するということは看護師以外にも助産師や保健師の国家試験の受験資格がもらえます。

一方で専門学校でのカリキュラムの中心は実践を中心としているということです。3年課程の1/3は実習を行い、入学した書年度から病院実習が開始されます。もちろん、基本となる看護学を学ぶことは必須となり、すべてが必修科目となります。

大学卒よりも、現場での即戦力という事を重視したカリキュラムとなっています。学費の面では大学の初年度の入納金は150万~250万と幅がありますが、比較的国公立の大学は学費が安いとされています。

専門学校では安いところでは5万円というところもあり、高くても180万円程度なので、大学と比較すると、かかってくる費用は安いといえます。実際の現場での新卒の看護師をみていると、大卒と専門学校卒の看護師で、技術に大きな差を感じたことはありません。

出世や転職に出る影響はあるか

出世についてみてみると、同じ実力を持った看護師2人いて大卒と、専門学校卒であれば、大卒のほうが有利でしょう。しかし、看護師の世界が、経験重視や年功序列となっているのが現状です。

専門学校卒業の看護師長さんや部長さんもたくさんいます。現状では経験重視となっていますが、今後の看護業界はますますキャリアが求められるため、やはり出世に大卒というキーワードは欠かせなくなるかもしれません。

看護師ニコニコ

転職という面でみてみると大卒と専門学校卒では大きな差はないようです。むしろ、転職で影響を与えるのはどこを卒業したかというよりはどんなキャリアを積んだのかということが重視される傾向にあります。

まとめ

大学を卒業しても、専門学校を卒業しても看護師の資格は得られます。専門だから、大学だからといって悲観したり、安心しているということはできません。患者さんにとってはどちらも一人の看護師です。給料や、出世、転職という面で比較しましたが、どちらの道が自分にとって良いのか、どのような将来をイメージしているのかで異なると思います。

大切なのはより高度な専門知識と技術を習得することで、安心できる看護の実践ができるということです。