7

看護師という職業についた理由として、「患者さんを元気にしてあげたい」とか、「早く治って欲しいので、お力になりたい」という思いがあったと思います。

その思いが叶えられ、手ごたえがある診療科は外科系ではないでしょうか?

ここからは、外科でも比較的人気の診療科での看護師の役割と仕事内容をくわしく説明していきます。

外科にはどのような診療科があるのでしょうか?

看護師普通

外科とは内科のように、薬で、長期のわたり治療していくのではなく、手術をして、病変部位を取り除いて治療する診療科を一般的に外科といいます。また、交通事故や火傷などで外傷を負った場合の治療を行うのも外科となります。

外科には、消化器外科、胸部外科、血管外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、歯科口腔外科、乳腺外科、美容外科などがあります。

外科の患者さんの特徴

主に、手術をして在宅復帰する事を目的としている診療科ですので、在院日数は短く、早期に退院されることが多いです。特に整形外科や、外傷で入院される患者さんは比較的若く、内科より患者さんの年齢層は低い傾向にあります。

しかし、高齢者が手術を行うことにより、お身体への負担が大きく元の日常生活動作にもどる事が困難で、在宅復帰が難しく寝たきりになられたり、認知症が悪化したりすることもあります。

各専門科でのお仕事と看護師の役割

外科に入院される患者さんは主に手術を目的に入院されてきますので、患者さんの不安はとても大きいため私達看護師は、安心して手術に望める看護が必要となります。

行われようとしている手術の術式を理解し、術前のオリエンテーションで理解できるよう説明が求められます。

術前、術中の患者さんの病状を理解し、術後の管理を行う必要があります。術後は患者さんの急変が起こりやすいため術後管理は重要となってきます。また、術後のリハビリテーションや、生活指導、食事指導などもコメディカルとチームで行っています。

整形外科でのお仕事と看護師の役割

整形外科の患者さんは主に、骨折などの疾患で手術目的で入院されてきます。今ではほとんどの疾患についてクリニカルパスでケアを行っています。

年齢層が若い患者さんが多いためパスどおりの経過をたどり退院されるパターンが多いです。

近年では大腿骨頚部骨折の高齢者も多く手術後のリハビリテーションにも時間がかかり、自立できるADLにもどる事が困難な状況も見受けられます。

このような場合は自宅復帰が難しいため、回復期リハビリテーション病院に転院を促したり損患者さんの状況に応じて退院支援を行う必要があります。整形外科では術前術後の看護以外にリハビリテーション看護も重要となりますので、退院支援を含めケアを行う必要があります。

消化器外科でのお仕事と看護師の役割

消化器外科の疾患は、胃がん、食道がん、大腸がん、直腸がんなど消化器に関連する部位の疾患が取り扱われます。

こちらでもクリニカルパス使用されている所が多くなってきていますので術後経過は短く退院されます。

悪性腫瘍の摘出術が多くなってきており、ご本人に告知されていることが多く今後の生死に直面している患者さんがほとんどです。また、社会人として現役の方も多いため今後の社会復帰や、家庭の事を心配されている方も多くおられます。自分の病状を受容できている人もいれば受け入れられない患者さんもいます。

このように身体的側面だけでなく、社会的、精神的な側面をとらえた看護が必要です。また消化器外科ですので、術後の食生活への指導も重要となっており管理栄養士との連携も大切なお仕事の一つとなります。

脳神経外科でのお仕事と看護師の役割

脳神経外科の患者さんは、突然意識障害が発生し、生命維持が困難な患者さんが、救急搬送され入院されます。病名は、くも膜下出血や、頭部外傷、慢性硬膜下血腫などです。

看護師普通

年齢は様々で、脳の損傷状態により、意識障害が回復しなかったり、片麻痺や言語障害などの後遺症が残ったりします。そのため、術前術後の急変のリスクが高く、高度な技術や観察力が必要となってきます。

合併症を発症しやすいので、合併症予防や予測できるアセスメント能力が必要となります。

突然病気が発症した事や、術後の後遺症で家族の不安や、動揺も強く生活に不安をかくせない状況となります。後遺症によっては呼吸状態を保てず気管切開が必要で在宅復帰困難か介護力がかなり必要な状況が生じます。

入院期間の長くなりがちですので、十分なコミュニケーションとこれらの病状を家族が受け入れられるような支援が重要となります。

在宅復帰困難な場合は、療養型病院や、介護保険施設への転院も考慮しなくてはならないので、退院支援も重要な役割となってきます。

外科といっても医師の専門分野で分科されていますので、外科系に転職する場合、その病院がどの外科のどの分野に専門的に取り組んでいるかを知った上で転職すると自分の得意とする分野で働くことができると思いますので、求人情報サイトや、病院のホームページで詳しい情報を収集してみましょう。

→→ 看護師転職前に知っておきたい内科の仕事内容は?